カテゴリ:八のもとねた

築かれて あたらしいものなんて ないのかもしれない 全てが築かれて 億年とその上にぼくは 顔をのぞかせたにすぎない ぼくが感じたことのすべては どこかのだれかが かの日に感じたにすぎない これ以上きれいなものなんて ないのかもしれない 積み重ねられた美 ...

どうしたんだろうかな。たまに、世界のなかで、ぼくが、あまりものになる時がある。残りものに感じることがある。学校で、となりの人とペアを組んでーって言われると、ほら、やっぱり余ったじゃないか。という風に。お箸も手袋も靴下も、どちらか一つがどこかにいなくなって ...

その先のうれしいを植物はもの言わぬ生命である生き抜く最適解を条件から導き出し自ずと変化を続けている彼らは自然に忠実だ 彼らは死を否定しないそこには操作できぬ美しさがある時を経て気づかされた真実があるだから私たちは君の声に耳を傾ける君の照らす先を追いかける ...

いつもありがとうちょとしたやりとりの中にも、ぼくには心地よさがあります ごめんね そんなことないよ それいいねこんな言葉の使いかたが、少しずつ増えてきた気がしてます 会いたいな かわいいね そういうの好きだなこんな言葉も肉声になる日がくるといいなぁいや、 ...

↑このページのトップヘ